柔道の石井慧選手は大阪府茨木市出身で中学受験で
大阪の名門私立である清風中学に入学。

 

清風高校に進学するも清風高校1年生の特に
国士館高校へ編入しそのまま内部進学して国士館大を卒業しています。

 

なぜ石井慧選手は清風高校を卒業せずに東京の国士館高校に編入したか?と言うと、
柔道でオリンピックに出て金メダルを取る為に、より強い柔道環境のある国士館高校へ
編入したそうです。

 

清風高校は池谷兄弟を始め体操では有名な高校ではあるけれど、
現在は京大・阪大・神大など難関国公立大や関関同立などの難関私大を目指す
進学校がメインである為に、清風の柔道部では物足りなかったのかもしれません。

 

ですが、石井慧選手は決して清風の母校愛がないのではなく、
今でも大阪に帰ったら清風高校の真裏にある木村屋という老舗のパン屋さんに顔を出し、
好物のピロシキを必ず食べるそう。

 

実際木村屋に行くと、石井慧選手や同じく清風高校卒の元ガンバ大阪の
本並選手や格闘家の秋山さんなどの写真などが飾られています。

 

このように石井慧選手は清風に対する母校愛はあるものの、
柔道で世界を取る為に、国士館高校を編入受験したということです。